理系だけど文系SE

日々の生活で気になったことをつらつらと書き連ねていくブログです。

【Python】認定試験対策 ~10章:標準ライブラリめぐり~

 

f:id:pekitarin:20170910161931p:plain

Python 3 エンジニア認定基礎試験合格に向けての対策・第10弾です。

本記事では認定試験教材であるオライリー・ジャパン出版のPythonチュートリアル(第3版)の「10章:標準ライブラリめぐり」を見ていきます。

(※実績に基づいたものではなく、合格に向けた勉強記録となります。)

 

 

目次

 

本記事での勉強範囲

「10章:標準ライブラリめぐり」

出題数:4問

出題比率:10.0%

f:id:pekitarin:20170910213247p:plain

 

勉強範囲概要

10.1 OSインターフェイス

10.2 ファイルのワイルドカード

10.3 コマンドライン引数

10.4 エラー出力のリダイレクト(行き先を変えること)とプログラムの終了

10.5 文字列パターンマッチング

10.6 数学

10.7 インターネットへのアクセス

10.8 日付と時間

10.9 データ圧縮

10.10 パフォーマンス計測

10.11 品質管理

10.12 電池付属です

 

ポイント

・globモジュールはワイルドカードを用いてファイル名のリストを返す。

 例)

 >>> glob.glob('*.py')

 ['primes.py', 'random.py', 'quote.py']

・コマンド実行時に指定した引数は、sysモジュールのargv属性に格納されている。

・直接的な方法でスクリプトを終了したい場合は、sys.exit()を使用する。

・mathモジュールを使用すると、浮動小数点数数学用の下層のCライブラリ関数にアクセスできる。

・statisticsモジュールで数値データの基本統計量(平均、中央値、分散など)を求めることができる。

・urllib.requestでURLにあるデータを取得することができ、smtplibでメールを送信することができる。

・datetimeモジュールは、日付と時間を処理可能な一連のクラスを提供する。

 

まとめ

・全体の4番目に多い出題数4問と優先度高めに勉強していきたい章です。様々なモジュールの機能と使い方などが紹介されています。Pythonを使いこなしていくには、どれも覚えておいて損は無いものとなるため、重点的に学んでいくべきだと言えるでしょう。

 

 

 

トップページ