理系だけど文系SE

日々の生活で気になったことをつらつらと書き連ねていくブログです。

【Python】認定試験対策 ~14章:対話環境での入力行編集とヒストリ置換~

 

f:id:pekitarin:20170910161931p:plain

Python 3 エンジニア認定基礎試験合格に向けての対策・第14弾です。

本記事では認定試験教材であるオライリー・ジャパン出版のPythonチュートリアル(第3版)の「14章:対話環境での入力行編集とヒストリ置換」を見ていきます。

(※実績に基づいたものではなく、合格に向けた勉強記録となります。)

 

 

目次

 

本記事での勉強範囲

「14章:対話環境での入力行編集とヒストリ置換」

出題数:1問

出題比率:2.5%

f:id:pekitarin:20170910213247p:plain

 

勉強範囲概要

14.1 タブ補完とヒストリ編集

14.2 その他の対話型インタープリタ

 

ポイント

・Tabキーで補完機能を呼び出すことができる。

・デフォルト設定では、ユーザーディレクトリの.python_historyというファイルにヒストリを保存するようになっている。

・拡張された対話型インタープリタとしてbpythonや、類似の拡張対話環境としてIPythonというものがある。

 

まとめ

・わずか範囲約2ページから1問出題。範囲が狭いため、確実に1問稼ぐためにも優先的に勉強しておきたいところです。

 

 

 

トップページ